当院は「痛みの診断と治療」を専門とする病院です。

その他の痛みについて

膵癌・胃癌の痛み

 ペインクリニック領域で癌の痛みの治療で劇的効果を発揮することができるのは何と言っても、進行した膵癌と胃癌の痛みの治療です。 WHOでも推奨されている内臓神経ブロックという方法で癌に侵されて痛みを出している神経を麻痺させることが可能です。
 治療法はレントゲンを見ながら背中から細い針を刺して内臓神経にアルコールを注入して神経を麻痺させ痛みの伝導を遮断します。

リウマチ

 「リウマチ性疾患」とは筋・骨・関節の疾患ですが、関節リウマチは広い意味の膠原病に含まれます。 関節リウマチは女性に多い疾患です。発症は30歳代から40歳代が最も多くみられ、朝方に手足の指のこわばりで始まる場合が多く見られます。 当院では血液検査、レントゲン検査、超音波検査等でリウマチを診断いたします。

リウマチ性多発筋痛症

 リウマチ性多発筋痛症は50歳代以上の高齢の方に多く、男女比は1:2とやや女性に多い病気です。 他に原因のない肩、腰周囲の筋肉痛を起こす病気で、血液検査で炎症反応を認めるのが特徴です。 原因不明の全身の痛みで長年痛みを我慢していた方がこの病気であったということがよくあります。
 リウマチ性多発筋痛症には、ステロイド薬がとてもよく効きます。しかも、比較的少量で劇的な効果が期待されます。 しかし症状がよくなったと勝手に減量または中止してしまうと、再発しますので、必ず医師の指示に従って服用をすることが大切です。
 この病気に関連したものとしてはげしい頭痛を伴う側頭動脈炎があります。 失明することもある恐ろしい病気で時にリウマチ性多発筋痛症の合併例もあります。